メモリカードベンチマーク WisBench ベンチマーク結果の読み方について

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年3月2日(金)版

メモリカードベンチマーク WisBench ベンチマーク結果の読み方について

SD、MMC、Lexer Media? どのメモリカードが速いの?

← WisBench へ  


■ ご協力に感謝します

 メモリベンチマーク WisBench 1.00 を公開して、約10日間経った。この間に寄せられたベンチマーク結果は、優に 100件を超えて、今なおさまざまな環境での結果が寄せられている。

 今回は、前回の紹介の中でいくつかもれていた記述について補足したいと思う。

■ ベンチマークのテスト結果はどう見るの?

 WisBench の実行結果の数字の単位は、

「処理にかかったミリ秒(ms)」

だ。このため、この数字が小さいほど処理速度が速い ということになる。

 スピードとして、内蔵メモリでは、1,000以下が普通。
 HDD やメモリカードが、2,000 〜 5,000。
 SD や、MMC などで、非常に時間がかかる場合でも、約 100,000 程度だと思う。



メモリカードベンチマーク WisBench ベンチマーク結果の読み方について

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3706d)