シャープが北米・欧州向けの PDA 機能付き通信端末「Hiptop」への開発参加を表明

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

シャープが北米・欧州向けの PDA 機能付き通信端末「Hiptop」への開発参加を表明

■トピックスの内容


シャープは、米 Danger が発売する PDA 機能付きの通信端末「Hiptop」(写真)の次期モデル開発に参加することを明らかにした。シャープが担当するのはハードの設計・開発サポートで、Danger はソフトおよびハードのリファレンスデザイン開発を担当するとのことだ。

Hiptop は、GSM/GPRS による音声通話端末で、製品としては T-Mobile が「Sidekick」の名でも発売している。Web ブラウズやメール、スケジュール管理をはじめとする PDA 機能も備えており、内蔵するキーーボードを利用した軽快な文字入力が可能だ。また、開発に Apple 元社員が関わっていることもあり、回転して飛び出す液晶などのユニークなギミックが満載となっている。

「ザウルス」で培われたシャープの技術が、どのような形でこの端末に生かされるのかは不明だが、ぜひとも今回の開発参加で培われた技術を国内にもフィードバックしてほしいものである。


シャープが北米・欧州向けの PDA 機能付き通信端末「Hiptop」への開発参加を表明


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)