日本 TI が多機能携帯電話をはじめとする小型ワイヤレス機器向けの高効率電力変換 IC を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

日本 TI が多機能携帯電話をはじめとする小型ワイヤレス機器向けの高効率電力変換 IC を発表

■トピックスの内容

日本テキサス・インスツルメンツ(以下、日本 TI)は、スマートフォン / 無線 LAN / Bluetooth をはじめとするワイヤレス通信機器や、デジタルカメラなどのバッテリを電源とする小型機器向けの超小型パワーマネジメント「TPS62300」を発表した。

TPS62300 は、高効率・高精度の降圧型 DC / DC コンバータで、3MHz 動作、出力は 500mAh となっている。チップ・スケール・パッケージのサイズはわずか 2mm×1mmm で、従来の製品とは比較にならないほどの小型化を実現しているのが特徴だ。同製品を導入することで、低電圧動作のDSP、マルチメディア用アプリケーション・プロセッサ、通信用チップセットなど高性能を要求するコア用電源を高効率で実現できる。

最近の PDA はデジタルカメラや無線 LAN モジュールなど、さまざまな機能を盛り込むことが当たり前になっている。こうした多機能 PDA は、以前に比べるとかなりの小型化が進んでいるが、まだ“重さ”を意識してしまうレベルではある。同製品のような超小型のモジュールを導入することでさらに軽量化が進めば、こうした“重さ”を意識せずにすむようになるだろう。同製品の今後の動向を見守りたい。


日本 TI が多機能携帯電話をはじめとする小型ワイヤレス機器向けの高効率電力変換 IC を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)