米国で大人気 コンパック iPAQ の需要はなんと供給量の 25倍

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

米国で大人気 コンパック iPAQ の需要はなんと供給量の 25倍

■トピックスの内容

CES2001の取材で米国に行ったときにも、現地のショップに一台も見当たらなかった iPAQ だが、このたびコンパックが発表した内容では、現状の iPAQ の需要は、供給量のなんと25倍もあり、当面この状況が続くという。
 需要が高いのに、供給量が少ないのは主に利用している部品の供給に問題があるためだ。コンパック社が利用している反射型のカラー液晶パネルは、日本ではゲームボーイカラー、次世代のゲームボーイアドバンスなどに利用されるのと同種のもので、世界的に品不足となっている。

 コンパックでは、この供給不足を解消するため、近日中にモノクロ 16階調の液晶パネルを搭載した iPAQ も市場投入する予定とのこと。こちらの方は価格が3万円台前半となり、ライバルの Palm などと大差ない価格帯となる。
 米国ではいよいよ、PocketPC の反撃なるか?


米国で大人気 コンパック iPAQ の需要はなんと供給量の 25倍


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2956d)