米 Microsoft が「Windows XP Tablet PC Edition 2005」を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

米 Microsoft が「Windows XP Tablet PC Edition 2005」を発表

■トピックスの内容

米 Microsoft は、現地時間の 8 月 25 日、タブレット PC 用 OS の最新版「Windows XP Tablet PC Edition 2005」のリリース開始を発表した。今回の最新バージョンは、「Windows XP Service Pack 2」の一部として提供されるもので、従来の「Windows XP Tablet PC Edition」ユーザーは、自動アップデートによって無償での入手が可能だ。

最新版では、従来は固定されていた入力パネルが、入力する場所の近辺にポップアップで出現する仕様となっている。このほかにも手書き認識精度の向上、文脈を OS 側で解析して変換を行う機能、リアルタイムの文字認識などが追加されており、もともと定評のあった手書き認識機能がさらにパワーアップしている。中でも文脈認識機能に関しては、ユーザー側でのルール設定も可能となっており、再変換の手間を大幅に減らしてくれそうだ。

日本ではまだまだユーザーの少ないタブレット PC だが、一度使ってしまえば、その使い勝手の良さや、利用可能なシーンの広さに、手放せなくなるはずだ。後は、日本人ユーザーが重点を置く“より小さく、より長持ち”というところにハードウェアベンダー側がどこまで応えられるか、だろうか。


米 Microsoft が「Windows XP Tablet PC Edition 2005」を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)