国内初、投影したキーボードの映像から直接入力できるバーチャルキーボート

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

国内初、投影したキーボードの映像から直接入力できるバーチャルキーボート

■トピックスの内容


ピンチェンジは、机の上にキーボードの映像を投影し、赤外線による入力が行える「ヴァーチャルキーボード」の予約販売を 8 月 27 日より開始した。発売時期は 10 月中旬の予定。予約価格は 29,800 円となる。

同製品は、キーボードパターンを投影するデバイスと、キータッチを検出する位置検出センサーで構成される投影型の仮想キーボード。デバイスの大きさは、35 (幅)mm × 25 (奥行き)mm × 92 (高さ)mmと、ライターを一回り大きくした程度。キーボードは 63 キーのQWERTY配列を採用しており、大きさは 295 × 95 mm程度となる。使用時の条件として、キーボードの投影時は、照明は 600lux 以下、投影面は無反射で不透明な平坦面でなければならない。PDA などと組み合わせることで、モバイル環境での快適な文章入力を実現するという。

インターフェイスは RS-232C を採用。対応OSは Windows 98/2000/XP、MacOSX10.x、PalmOS 5.0 以上、PocketPC200x。


国内初、投影したキーボードの映像から直接入力できるバーチャルキーボート


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)