新 CLIE 発表! 有機 EL ディスプレイを搭載した「CLIE PEG-VZ90」は専用機顔負けのマルチメディア機能と長時間駆動が魅力

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

新 CLIE 発表! 有機 EL ディスプレイを搭載した「CLIE PEG-VZ90」は専用機顔負けのマルチメディア機能と長時間駆動が魅力

■トピックスの内容


ソニーは、初の同社製有機 EL 液晶採用製品となる Palm OS 搭載機「CLIE PEG-VZ90」(以下、VZ90)を 9 月 25 日より発売することを明らかにした。価格はオープン価格(メーカーによる市場推定価格は 9 万 5,000 円)となっている。

OS は Palm OS 5.2.1、CPU にはソニー製 CPU「Handheld Engine(123MHz)」と、スペック面では「CLIE PEG-TH55」と全く変わらない VZ90 だが、2600mAh という大型バッテリを搭載したことによって、音楽再生で連続 42 時間(液晶オフ時)、動画再生でも連続 4 時間(減光モードオフ時)と、従来機とは比べものにならないほどの長時間駆動を実現している。また、メモリも CLIE シリーズでは最大の 64MB(ユーザー使用可能領域 40MB)、内蔵メディア 96MB と、余裕のある作りになっている。通信機能としては、無線 LAN が内蔵されているが、徐々に需要の高まりつつある Bluetooth の採用は見送られたようだ。

今回採用されたソニー製の有機 EL 液晶(バックライトからの透過光で表示するのではなく、構成する物質自体が発光する)は、液晶解像度こそ「CLIE PEG-UX50」と同じ 480×320 ドットだが、輝度の高さや視野角の広さでは従来の液晶をはるかに上回る。マルチメディア機能に重点を置いた同製品にはうってつけの液晶と言えるだろう。

メモリースティックだけでなく、2 GB までのメモリカードに正式対応した TypeI / II の CF スロットを搭載し、“ディスクジョグ”と呼ばれる新たなコントロールキーを採用するなど、マルチメディア以外にも注目すべき機能が満載の VZ90。9 万円代の価格ということもあり(今ならノート PC の新品が買える価格である)、気軽に手帳感覚で使うのは難しそうだが、ソニー独自の割り切りっぷりが好きなユーザーであれば、トライしてみるのもいいだろう。


新 CLIE 発表! 有機 EL ディスプレイを搭載した「CLIE PEG-VZ90」は専用機顔負けのマルチメディア機能と長時間駆動が魅力


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)