三洋電機、約15分で充電可能なニッケル水素充電池と充電器を開発

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

三洋電機、約15分で充電可能なニッケル水素充電池と充電器を開発

■トピックスの内容


三洋電機は、米国 Rayovac 社と協同で約 15 分で充電できるニッケル水素電池と、同電池に対応する充電池、充電器を開発し、11 月 1 日より発売する。容量 2,300mAh のニッケル水素充電池「I-C3 Ni-MH 2300」と、1,700mAhの「I-C3 Ni-MH 1700」、それぞれの電池に対応する充電器のセットがラインナップされている。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、I-C3 Ni-MH 2300 が 2 本セットの「HR-3RSA-2BP」が 1,000 円前後、I-C3 Ni-MH 1700 が 2 本セットになった「HR-3RSB-2BP」が 800 円前後の見込み。I-C3 Ni-MH 2300 が 2 本と対応充電器セット「N-RS10S」(車載用カープラグ付属)が 6,000 円前後、I-C3 Ni-MH 1700 × 2 本と対応充電器セット「N-RS20S」が 4,000 円前後の見込み。

ayovac 社の開発した超急速充電技術「I-C3システム」(In-Cell-Charge-Control system)と、三洋電機が培った充電池の高容量化技術により、約 15 分で充電できる充電池と充電器を実現。付属の車載用カープラグを使うことで、車でも 15 分充電が可能となっている。また、従来のニッケル水素電池の充電も可能となっており、単3形 ニッケル水素電池「Ni-MH 2500 シリーズ」、単4形 ニッケル水素電池「Ni-MH 900シリーズ」では、それぞれ約1時間で充電することができる。


三洋電機、約15分で充電可能なニッケル水素充電池と充電器を開発


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3099d)