「Palm Source Web Browser 3.0」のブラウザエンジンに ACCESS の「NetFront」が採用に

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

「Palm Source Web Browser 3.0」のブラウザエンジンに ACCESS の「NetFront」が採用に

■トピックスの内容

ACCESS は、同社が手掛けるブラウザ「NetFront」のブラウザエンジンが、 PalmSource の PalmOS「Cobalt」向けブラウザ「PalmSource WebBrowser 3.0」のコアエンジンとして採用されたことを明らかにした。今回のエンジン採用により、Cobalt 搭載端末では、HTML 4.01、XHTMLモバイルプロファイル、C-HTML などの最新仕様に対応したさまざまなサイトを、NetFront の最新のレンダリング技術を利用して閲覧可能になる。

NetFront のブラウザエンジンに関しては、すでに既存の PalmOS である「Garnet」には導入済みで、複数年契約を結んでいたが、今回の Cobalt での契約によって、完全に PalmOS の標準ブラウザとしての地位を手に入れたことになる。


「Palm Source Web Browser 3.0」のブラウザエンジンに ACCESS の「NetFront」が採用に


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3740d)