満を持して登場! シャープの新 PDA「SL-C3000」は 4GB の HDD を搭載した超弩級ザウルスだった!!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

満を持して登場! シャープの新 PDA「SL-C3000」は 4GB の HDD を搭載した超弩級ザウルスだった!!

■トピックスの内容


シャープは、携帯情報端末では初となる容量 4GB のハードディスクを搭載した新型ザウルス「SL-C3000」を 11 月 10 日より発売することを明らかにした。価格はオープン価格で、月産台数は 1 万 5,000 台を予定している。

SL-C3000 は、その外観からも分かるとおり、SL-C860 系の流れをくむキーボード内蔵型のザウルスで、最大の特徴は 1 インチの 4GB ハードディスクを内蔵していることだ(出荷時の空きは 2.9GB で、ユーザーエリアは実質約 3.6GB)。ハードディスクは、同梱の USB ケーブルで PC と接続することで、専用ソフトやドライバを導入することなく、外付けのハードディスクとして利用可能となっている。本体メモリこそ 16MB Flash ROM / 64MB RAM(ワークエリア)と大きな進化はないが、この広大なストレージエリアは非常にうれしい進化と言える。

ハードディスクを内蔵したためか、筐体に関しては、幅 124mm×奥行 87mm×厚さ 25mm、重量約 298g と、SL-C860 よりも大型化している。しかし、目立ってサイズアップしたのは横幅のみで、奥行きや厚みに関してはほとんど変わらない。ホールド感にはさほど違いはないのではないだろうか? SD / CF のダブルスロットは引き続き採用されており、「bitWarp PDA」「KWINS for PDA(Zaurus)」といった機器認証系の通信サービスにももちろん対応している。USB ポートが新たに装備されたのも見のがせないポイントだろう。

CPU は、前機種である SL-C860 の PXA 255 プロセッサ 400MHz から、最新の PXA 270 プロセッサ 416MHz へとパワーアップされている。ビデオチップなどの情報は明らかになっていないが、SL-C シリーズが登場した際には動画再生能力の高さも売りの一つだった。今回の新機種でも大幅にパワーアップしているのではないだろうか? 気になるバッテリは、1800mAh と SL-C860 から微増しているが、連続表示時間は約 7 時間と、SL-C860 の約 8 時間 30 分よりも短くなっている。

なお、SL-C3000 の発売に併せて、シャープスペースタウン内のショッピングサイト「Kutikomi」で「Picsel Browser for Zaurus」も SD カード形態で発売になるとのこと。Word ファイルは内蔵の「HancomMobileWord」で、PDF は同梱の CD-ROM に収録される「qpdf」でも閲覧可能だが、Picsel Browser では、さらに PowerPoint ファイルも閲覧可能になる。オフィス文書を外に持ち出して活用したいという人は、併せて購入しておくとよいだろう。


満を持して登場! シャープの新 PDA「SL-C3000」は 4GB の HDD を搭載した超弩級ザウルスだった!!


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4624d)