液晶も省きました――「話せりゃええやん」を地でいくシンプルケータイ「ツーカー S」が発売に

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

液晶も省きました――「話せりゃええやん」を地でいくシンプルケータイ「ツーカー S」が発売に

■トピックスの内容


ツーカーグループ 3 社は、「説明書がいらないくらいカンタンなケータイ」をコンセプトにした端末「ツーカー S」(京セラ製)を、11 月下旬より発売することを明らかにした。価格はオープン価格となっている。

ツーカー S は、コンセプトの通り、インターネット接続やデジタルカメラ機能、動画再生機能などを省いて通話機能のみに絞ったシンプルな端末だ。“電話をかける / 電話を受ける”をより分かりやすくするために、ボタン類やスイッチ、スピーカーのサイズはこれまでの端末よりも大きめに作られている。それに伴ってディスプレイがなくなり、電波や電池の状況はランプによって知らせるようになっている。ディスプレイを排したことでバッテリの駆動時間は大幅に向上しており、連続待受が約 840 時間、連続通話が約 240 分となっている。

いかにもツーカーらしい、恐ろしいほどの“割り切り端末”ではあるが、メールやインターネット、デジタルカメラなどを使わないユーザーというのは、思いのほか多いはずだ。リリースによれば対象は高齢者とのことだが、意外に若い世代での需要も多いのではないだろうか?


液晶も省きました――「話せりゃええやん」を地でいくシンプルケータイ「ツーカー S」が発売に


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4026d)