世界の PDA 販売台数が三期連続で減少――Hewlett-Packard と Dell は躍進、米国撤退の Sony は 4 位に

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

世界の PDA 販売台数が三期連続で減少――Hewlett-Packard と Dell は躍進、米国撤退の Sony は 4 位に

■トピックスの内容

調査会社の IDC は、10 月 27 日に世界の PDA 市場に感する報告書を発表した。報告書によれば、2004 年の第 3 四半期の PDA 出荷台数は 212 万 2,992 台で、前期からは 4.6 % の減少となっている。

今回の発表によると、市場シェアのトップは palmOne の 34.7 % で、73 万 6,481 台。2 位は Hewlett-Packard の 30,6 %、64 万 8,975 台となっており、Dell、MiTAC、Sony と続く 3 位以下を大きく引き離している。

IDC によれば、Hewllett-Packard や Dell らの上位メーカーが台数を大幅に伸ばしながら、このような結果になったのは、首位の palmOne がシェア減少と、これまで 3 位だった Sony の米国市場撤退に伴う出荷台数の減少が大きく影響しているとのこと。


世界の PDA 販売台数が三期連続で減少――Hewlett-Packard と Dell は躍進、米国撤退の Sony は 4 位に


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)