文筆業界で人気のシリーズに新機種登場――パーソナルメディアがトロン OS を搭載した「超漢字ノート R3EG」を発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

文筆業界で人気のシリーズに新機種登場――パーソナルメディアがトロン OS を搭載した「超漢字ノート R3EG」を発売

■トピックスの内容


パーソナルメディアは、BTRON3 仕様 OS の最新版である「超漢字 4」と、原稿執筆用のソフトウェア「超漢字原稿プロセッサ」を搭載したノートパソコン「超漢字ノート R3EG」(以下、R3EG)を本日より発売することを明らかにした。購入はパーソナルメディアのウェブショップのみで、価格は 25 万 1,790 円(税込)となっている。なお、11 月 26 日以降に購入した場合は、ソフトウェアが「超漢字原稿プロセッサ 2」にアップグレードされるため、価格は 26 万 7,540 円(税込)となる。

R3EG は、1,024×768 ドットの液晶に、CPU に超低電圧版 Pentium M プロセッサ 733 の 1.10GHz、チップセットに Intel 855GME を搭載しており、HDD は40GB、メインメモリは標準で 256MB(最大 768MB)となっている。ドライブは外付けとなるが、重量は約 990g とモバイル用途に適した製品だ。ベースとなっているのは、松下電器の「Let's note LIGHT R3(CF-R3EW1AXR)」と思われる。

搭載される「超漢字 4」は、BTRON3 仕様の OS「B-right/V R4」に基本文章編集、基本図形編集、超漢字メール、基本ブラウザ、基本表計算、マイクロカード、マイクロスクリプト、文字検索ユーティリティなどを含めたもので、日本、中国、韓国、台湾などで使われる漢字やハングル、諸外国の各種文字や記号など、合計17万字以上が搭載されている。オプションとして「超漢字広辞苑」や「超漢字岩波新漢語辞典」「超漢字康煕字典」といった辞書ソフトも用意されており、文筆を生業とするユーザーであれば、非常にお薦めできる製品と言える。

なお、11 月 25 日までに購入したユーザーは、後日無償でソフトウェアを「超漢字原稿プロセッサ 2」にアップグレードできる。興味を持たれた方は、早めに申込みをしておくといいだろう。


文筆業界で人気のシリーズに新機種登場――パーソナルメディアがトロン OS を搭載した「超漢字ノート R3EG」を発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)