東芝、「dynabook VX」、「dynabook TX」シリーズの新モデルを発表、15.4インチワイド液晶ディスプレイやharman/kardonステレオスピーカーなどを搭載

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

東芝、「dynabook VX」、「dynabook TX」シリーズの新モデルを発表、15.4インチワイド液晶ディスプレイやharman/kardonステレオスピーカーなどを搭載

■トピックスの内容


東芝は、同社のノートPC「dynabook VX」、「dynabook TX」シリーズの新モデル 4 機種を 1 月下旬より発売する。

新しい筐体を採用する「dynabook VX」は、「VX/470LS」の 1 モデルが用意されている。価格はオープンプライスとなっており、店頭予想価格は 20 万円前後の見込み。CPU に Pentium M 730(1.60GHz)、メモリ 256MB、ハードディスクは 80GB、チップセットにIntel 915GM を搭載する。液晶部分は、1280×800ドット(WXGA)対応 15.4 インチ Clear SuperView 液晶を搭載、harman/kardon ステレオスピーカー、DVD スーパーマルチドライブ(+R DL対応)などを備える。インターフェイス部分は USB 2.0×3、IEEE 1394×1、Type2 PC カードスロット×1、ネットワーク部分に IEEE 802.11b/g 準拠の無線LANなどを備える。本体サイズは、360(幅)mm ×268.5(奥行き)mm ×29〜36.2(高さ)mm、重量は約 3kg。バッテリー駆動時間は約 2.5 時間。

「dynabook TX」は、薄さ約 27mm、重量 2.7gと 15インチモデルでありながも、軽量化を実現したモデルだ。ラインナップは、「TX/470LS」(店頭予想価格19万前後)、「TX/450DS」(18万前後)、「TX/430DS」(16万前後)の3モデル。全モデルに1024×768ドット(XGA)対応 15インチ Clear SuperView 液晶を採用。上位 2 モデル TX/470LS と TX/450DS には、同社のノートPC「Qosmio」並みの広視野角を持つ液晶が採用されている。3 モデルとも CPU、チップセット、搭載メモリは同一で、Celeron M 350 (1.30GHz)、チップセットに Intel 852GM、メモリ 256MB を搭載する。そのほかの仕様は、最上位モデル TX/470LS は 80GB ハードディスク、DVD スーパーマルチドライブ(+R DL対応)、TV チューナを備える、中位モデルの TX/450DS は、80GB のハードディスク、IEEE 802.11b/g 準拠の無線 LAN、DVD スーパーマルチドライブを搭載、下位モデルのTX/430DS は 40GB ハードディスク、DVD スーパーマルチドライブを採用する。各モデルとも本体サイズは共通となっており、338(幅)mm × 274(27)mm ×2 7〜38(高さ)mm、重量は TX/470LS、TX/450DS が約 2.7kg、TX/430DS が約 2.6kg。バッテリー駆動時間は未定となっている。


東芝、「dynabook VX」、「dynabook TX」シリーズの新モデルを発表、15.4インチワイド液晶ディスプレイやharman/kardonステレオスピーカーなどを搭載


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3901d)