PalmSource が携帯端末向けのソフトウェア群を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

PalmSource が携帯端末向けのソフトウェア群を発表

■トピックスの内容

米 PalmSource は、現在フランス・カンヌで開催中のイベント“3GSM WORLD CONGRESS”において、携帯電話および携帯端末向けのソフトウェア群を発表した。今回発表されたのは、「mFone for Smart Phones」「Feature Phone」「mMMS」「mBrowser」の四つ。

mFone は、Linux OS を搭載したスマートフォン向けのソフトウェアで、デバイスドライバやネットワークプロトコル、開発ツール、ブラウザ、メーラー、PIM 機能などを統合したプラットフォーム。Feature Phone は、そのものずばり“フィーチャーフォン”(スマートフォンに近い機能を持つ多機能電話)向けの GUI、インターフェースを統合したものだ。mMMS は、音声や動画の送信が可能なメッセージクライアント、mBrowser は、WAP、HTML の両方をサポートした携帯端末向けブラウザとなっている。


PalmSource が携帯端末向けのソフトウェア群を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3122d)