NTT ドコモが 4 月 30 日をもって PHS サービスの新規受付を終了

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NTT ドコモが 4 月 30 日をもって PHS サービスの新規受付を終了

■トピックスの内容

NTT ドコモおよび NTT ドコモグループ 8 社は、2005 年 4 月 30 日をもって、PHS サービスの新規受付を終了することを明らかにした。現在提供している PHS サービスに関しては、終了の方向で検討されている。ただし、終了の時期については一切決まっておらず、終了させたとしても、少なくとも 2 年程度は掛かるとのことだ。

今回の新規受付終了の理由は、フルブラウザを兼ね備えた携帯電話などの、従来データ通信カードが担ってきた部分を代替えするインフラの登場、契約者数の減少、今後サービスをテコ入れした場合に掛かる推定投資額が 4,000〜5,000 億円と膨大であることの三つだ。

現在 PHS サービスを契約しているユーザー数は約 135 万人いるが、2002 年 3 月をピークに契約者数が減少の一途をたどっている。また、過去 6 年間で累計 3,800 億、2004 年度だけでも約 240 億の赤字を出していることもあり、成算がない投資は現実的ではない。

同社は、今後サービスを FOMA に一本化する方向で検討しており、PHS サービスから FOMA などのサービスへ移行するユーザーに対しては、新規事務手数料無料、端末の割引などの特典を考えているという。


NTT ドコモが 4 月 30 日をもって PHS サービスの新規受付を終了


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)