携帯電話のスマートフォン化が加速?―― NEC がタッチパネル標準搭載の 2.7 型液晶ディスプレイモジュールを開発

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

携帯電話のスマートフォン化が加速?―― NEC がタッチパネル標準搭載の 2.7 型液晶ディスプレイモジュールを開発

■トピックスの内容


NEC 液晶テクノロジーは、次世代携帯情報端末向けに、2.7 インチ / QVGA 解像度のアモルファスシリコンカラー TFT 液晶ディスプレイモジュール“NL2432HC17-01B”を開発し、4 月 19 日より販売活動を開始すると発表した。サンプル価格は 9,000 円で、出荷は 2005 年 6 月を予定している。

同モジュールは、タッチパネルを標準搭載しており、携帯電話と PDA 機能を併せ持つ携帯複合端末“スマートフォン”や、GPS 機能を内蔵した“携帯 GPS 端末”を視野に入れた製品となっている。液晶のコントラストはクラス最高水準の 400 : 1 、輝度も 180cd / m² と高く、視認性に優れるのが特長だ。また、消費電力も 220mW と低く、バッテリ駆動の長時間化にも威力を発揮する。

同社では、タッチパネルを標準装備したことで、携帯端末開発メーカーの開発工程数削減、開発期間の短縮が可能になるとしている。なお、同モジュールは、4 月 20 日〜 22 日に東京ビッグサイトで開催が予定されている“第 1 回 Display2005(国際プラットパネルディスプレイ展)”に出展されるとのことだ。


携帯電話のスマートフォン化が加速?―― NEC がタッチパネル標準搭載の 2.7 型液晶ディスプレイモジュールを開発


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3127d)