マイクロソフト日本法人の新社長にスターバックスのバイスプレジデントを務めたダレン・ヒューストン氏が就任

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

マイクロソフト日本法人の新社長にスターバックスのバイスプレジデントを務めたダレン・ヒューストン氏が就任

■トピックスの内容


マイクロソフトは、日本法人の現社長を務めるマイケル・ローディング氏が2005年6月30日付けで代表執行役社長の座を退き、新たにダレン・ヒューストン氏(写真)が就任することを明らかにした。マイケル・ローディング氏は、7月1日付けで、マイクロソフト コーポレーション コーポレートバイスプレジデント MSN グローバルセールス & マーケティング担当に就任し、日本の MSN 事業も統括する立場となる。

新社長となるダレン・ヒューストン氏は現在、北米地域 スモール アンド ミッドマーケット ソリューションズ&パートナー グループ担当のコーポレートバイスプレジデントを務めている。2003年9月にマイクロソフトに入社する以前は、スターバックス コーヒーのバイスプレジデントとして、販売力拡大やブランドの差別化に尽力。スターバックス店舗への無線 LAN 導入プロジェクトの責任者としても知られている。

なお、今回の社長交代に伴う経営・事業戦略の大幅な変更はなく、日本市場に合わせた製品やサービスの提供をはじめとする、従来からの基本戦略の継続と拡大を行っていくとのことだ。


マイクロソフト日本法人の新社長にスターバックスのバイスプレジデントを務めたダレン・ヒューストン氏が就任


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)