ソニー、FeliCaポートを搭載した「VAIO type T」の新バージョンを発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ソニー、FeliCaポートを搭載した「VAIO type T」の新バージョンを発表

■トピックスの内容


ソニーは、2スピンドルのモバイルノートPC「VAIO type T」の新バージョンを、5月21日より発売する。ラインナップは、上位モデル「VGN-T72B」と下位モデル「VGN-T52B」の2機種。いずれもオープン価格で、店頭予想価格はVGN-T72Bが24万円前後、VGN-T52Bが20万円の見込み。

同製品は、 “Edy”や“おサイフケータイ”などのデータをPC上で読み取り、オンライン決済が行えるFeliCaリーダ/ライタ機能“FeliCaポート”を標準搭載しているのが特徴だ。

上位モデルのVGN-T72Bは、CPUに超低電圧版Pentium M 753(1.2GHz)、メモリ512MB、下位モデルVGN-T52BはCeleron M 373(1GHz)、チップセットにメモリ256MBを搭載する。いずれのモデルもCPUとメモリ以外のスペックは同じで、チップセットにビデオ機能を内蔵したIntel 855GMEを採用。液晶モニタに、1280×768ドット(WXGA)表示対応の10.6インチクリアブラック液晶を備える。インターフェイスは、IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN、メモリースティックPRO、PRO Duoに対応するスロットなどを備える。光学式ドライブには、DVD+LDフォーマット対応のDVDスーパーマルチドライブを標準で装備している。

本体サイズは、共通で272(幅)mm × 205(奥行き)mm × 25〜34(高さ)mm、重量は約1.40kgとなる。バッテリー駆動時間は、VGN-T71Bが約8.5時間、VGN-T51Bが約7時間となっている。


ソニー、FeliCaポートを搭載した「VAIO type T」の新バージョンを発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)