フリーの UNIX 互換 OS“OpenBSD 3.7”がリリース――ザウルス SL-C3000 を正式サポート

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

フリーの UNIX 互換 OS“OpenBSD 3.7”がリリース――ザウルス SL-C3000 を正式サポート

■トピックスの内容

フリーの UNIX 互換 OS“OpenBSD”を開発する“OpenBSD Project”は、現地時間の 5 月 19 日に、最新バージョンとなる「OpenBSD 3.7」をリリースした。この最新バージョンでは、多数の追加・変更行われているが、最大の注目は、シャープの PDA「Zaurus SL-C3000」が新たに正式サポートされたことだ。

OpenBSD は、高セキュリティを特徴とする OS で、公開以来発見されたセキュリティホールは一つしかない。非常にシンプルな構成の OS ということもあり、普及率は低く、一般的な用途にも向かないが、サーバなどの安定性・安全性が重視される分野で愛用されている。今回サポートが発砲されたのは SL-C3000 のみだが、SL-C860、SL-C1000 などの開発プロジェクトも進行しているとのことだ。


フリーの UNIX 互換 OS“OpenBSD 3.7”がリリース――ザウルス SL-C3000 を正式サポート


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)