KDDI、IEEE802.16e方式での無線伝送実験に成功

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

KDDI、IEEE802.16e方式での無線伝送実験に成功

■トピックスの内容

KDDIは、6月29日、IEEE802.16e方式に基づく実験局を設置した大阪中央部において、同規格の基礎的な無線伝送実験に成功したと発表した。同社は、この実験の成功を受け、7月より本格的な同規格の実証実験を開始する。今後、100台以上の移動局を用意して、移動環境でのIEEE802.16e方式の有効性を検証し、都市部における第3世代携帯電話システムを補完する無線方式として、性能評価を行う予定だ。

IEEE802.16e方式とは、現在、米国の電気電子学会で標準化が進められている新しい無線通信システム。すでに標準化されているIEEE802.16a方式が、都市部の固定的な無線ネットワーク上で高速通信が可能であるのに対し、IEEE802.16e方式では、時速120km以下という高速移動中でも安定した通信環境が得られる。高速移動体通信を可能する通信システムとして、モバイルサービスでの活用が注目されている無線通信システムだ。


KDDI、IEEE802.16e方式での無線伝送実験に成功


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)