ホットスポット、IEEE802.11aインターフェースを国際標準化

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ホットスポット、IEEE802.11aインターフェースを国際標準化

■トピックスの内容

NTTコミュニケーションズは、7月5日、同社が運営する公衆無線LANサービス“ホットスポット”で提供しているIEEE802.11aインターフェースを、従来の日本独自のものから、国際標準の新チャネルへ移行させることを発表した。

この変更は、5月16日に施行された「電波法施行規則等の一部改正」に伴い、5GHz帯の無線LAN周波数が変更され、従来使用してきた周波数帯5.15〜5.25GHzに、5.25〜5.35GHzが追加されたことによるもの。現在使用しているチャネルを、日本独自の34/38/42/46chから、国際標準である36/40/44/48/52/56/60/64chの計8チャネルに移行させる。移行時期の詳細はまだ不明だが、同社は、具体的なことが決定し次第、“ホットスポット”サイト内で公表するとしている。


ホットスポット、IEEE802.11aインターフェースを国際標準化


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)