microSDカードの仕様が決定。SanDisk、512MBのmicroSDカードを発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

microSDカードの仕様が決定。SanDisk、512MBのmicroSDカードを発表

■トピックスの内容


 SD Card Association(SDA)は、7月13日、「microSDカード」の仕様を最終決定したと発表した。「microSDカード」は、世界で最小のリームバブル・ストレージカードで、現行のSDカードはもちろん、SanDiskが提供しているTransFlashカードとも互換性を持つ。

 この発表と同時に、SanDiskは512MBの容量を持つ「microSDカード」の販売を、8月から開始することを明らかにした。価格は、69.99ドル。同社では、本年度末までには1GBモデルを、2006年度には2GBモデルを投入するとしている。

 「microSDカード」は、SDカードの4分の1ほどのサイズで、爪の大きさと同じくらいの超小型メモリーカード。現在、携帯電話の市場では機体の小型化に伴い、miniSDカードよりもさらに小型のメモリーカードが必要とされており、この「microSDカード」の需要が見込まれている。


microSDカードの仕様が決定。SanDisk、512MBのmicroSDカードを発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3803d)