シャープ、第3世代携帯電話向け高速メモリの量産を開始

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

シャープ、第3世代携帯電話向け高速メモリの量産を開始

■トピックスの内容


 シャープは、7月20日、第3世代携帯電話向けに、従来の3倍以上の高速データ転送速度320Mbpsを実現した複合メモリ「LRS1887」の量産を、この7月から開始したことを明らかにした。

 「LRS1887」は、フラッシュメモリとSCRAMを搭載した容量512MBの複合メモリ。アクセス対象の指定を行うアドレスパスと、データ転送を行うデータパスを多重化したADバスを採用している。同社では、これにより、接続端子を増やすことなく、バス幅を32ビットとし、転送速度320Mbpsの高速化を実現したとしている。

 同社の発表した「LRS1887」のサンプル価格は、6,300円。月産10万個を見込む。同製品の登場により、携帯電話のさらなる高機能化が進みそうだ。


シャープ、第3世代携帯電話向け高速メモリの量産を開始


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)