米モトローラ、QWERTYキーボード搭載スマートフォンなどを発表――OSにはWindows Mobile 5.0

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

米モトローラ、QWERTYキーボード搭載スマートフォンなどを発表――OSにはWindows Mobile 5.0

■トピックスの内容


 米モトローラは7月25日(現地時間)、同社の発表会において、QWERTYキーボードを搭載した薄型スマートフォン「Moto Q」や、Bluetooth対応のメガネ型ヘッドセット「RAZRWIRE」などの新製品を発表した。

 「Moto Q」は、厚さ11.5mmと、同社によると現在世界でもっとも薄くて軽いQWERTキーボード搭載のスマートフォンとなる。OSには、Windows Mobile 5.0を採用し、マルチメディア再生機能はもちろんのこと、片手で入力可能な“thumbwheel”と呼ばれるナビゲーションシステムにも対応している。価格や発売時期は未定だ。

 「RAZRWIRE」は、Bluetoothに対応したメガネ型のヘッドセット。スポーツ向けのサングラスで有名なOakleyとのコラボレーションによって、ファッション性の高い外見を持ったヘッドセットとなっている。フレームの部分にヘッドセットが取り付けられており、Bluetooth対応の携帯電話とつなぐことで、通話やボリュームコントロールなどの基本的な操作をヘッドセットから行うことができる。こちらは8月から全米のCingular Wirelessストアで販売が開始される。

 同社では、このほかにも、音楽再生に重点をおいた「ROKR」シリーズや、CDMA 1XとEV-DOに対応した「Motorola E815」などの最新型携帯電話を発表している。


米モトローラ、QWERTYキーボード搭載スマートフォンなどを発表――OSにはWindows Mobile 5.0


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)