マイクロソフトが Windows Mobile 5.0 日本語版の提供を開始

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

マイクロソフトが Windows Mobile 5.0 日本語版の提供を開始

■トピックスの内容


マイクロソフトは、Pocket PC をはじめとするモバイルデバイス向けプラットホームの最新版「Winodws Mobile 5.0 日本語版」のハードウェアメーカーへの提供を開始した。同 OS を搭載したデバイスは、9 月 2日に東京国際フォーラムで開催予定のイベント“PDA・モバイルソリューションフェア 2005”に出展されるとのことだ。また、今回の発表に合わせ、企業向けの機能である「Messaging and Security Feature Pack for Windows Mobile 5.0」(MSFP)の提供を開始し、同 OS にも標準搭載する予定であることも明らかにされた。

最新バージョンでは、前バージョンの「Windows Mobile 2003 Second Edition software for Pocket PC日本語版」から、Microsoft Office アプリケーションの機能向上、「Microsoft Windows Media Player 10 Mobile」の搭載などの拡張が図られている。また、不揮発性メモリの採用、ハードディスクドライブおよび USB2.0 への対応、QWERTY キーボード対応などカスタマイズ性の向上、メニューの拡張やアプリケーションの機能追加などを行うための各種 API 提供など、さまざまな強化が図られている。

なお、現行の Windows Mobile 2003 Second Edition 搭載機に関しては、日本ヒューレット・パッカードが「HP iPAQ hx2000」シリーズを対象に、今秋のロムアップデートを予定している。


マイクロソフトが Windows Mobile 5.0 日本語版の提供を開始


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)