富士通、モバイルノートPC“LOOX T”シリーズの新モデルを発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

富士通、モバイルノートPC“LOOX T”シリーズの新モデルを発表

■トピックスの内容


 富士通は、25日、モバイルノートPC“LOOX T”シリーズのラインアップを一新し、モバイル性を大幅に強化した新製品「FM-V BIBLO LOOX T70M/T」と「FM-V BIBLO LOOX T70M」、「FM-V BIBLO LOOX T50M」の3機種を、9月10日より発売すると発表した。価格はオープンプライス。

 この新“LOOX T”シリーズは、基板の小型化やマグネシウム合金の採用などにより、最薄部で約24.3mm、最軽量時で約1.17kgの軽さを実現している。ディスプレイには、発光効率の高いLEDバックライトを採用し、消費電力を節約。増設バッテリと組み合わせることで、最大で約11.3時間のバッテリ駆動時間を可能にした。筐体設計を見直し、ファンレス構造を取り入れたことで、静音性も向上させている。

 また、同シリーズは、従来シリーズからのモバイル・マルチベイ構造を継承しており、スーパーマルチドライブ、テレビチューナーなどのユニットやバッテリの増設、取り外しが自由にできる。カードリーダーには、SDメモリーカード、メモリースティック、xDピクチャーカードに対応したダイレクト・メモリースロットを搭載し、3基のUSBスロットも内蔵。充実したインターフェースを備える。

 「FM-V BIBLO LOOX T70M/T」は、ハードウェアエンコードTVチューナーを搭載したモデルで、CPUにインテルの超低電圧版 Pentium M 735(1.20GHz)を搭載、HDDは60GBで、512MBのメモリーを内蔵する。メモリーの増設は最大で1.5GBまで可能だ。富士通の直販サイト“WEBMART”での販売価格は、27万4800円となっている。

 「FM-V BIBLO LOOX T50M」は、「FM-V BIBLO LOOX T70M/T」からTVチューナーは省いたモデルで、そのほかの性能はすべて同じ。直販価格は24万9800円。

 「FM-V BIBLO LOOX T50M」は、CPUをインテル超低電圧版 Celeron M 383(1GHz)に変更、メモリーを256MBにしたエントリーモデル。メモリーの増設は、1.25GBまでとなっている。直販価格は20万9800円。


富士通、モバイルノートPC“LOOX T”シリーズの新モデルを発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)