au、中国での国際データローミングサービスを開始

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

au、中国での国際データローミングサービスを開始

■トピックスの内容

KDDI、沖縄セルラーは、9月2日より同社の提供している国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」(グローバルパスポート」において、中国でのデータローミングサービスを開始すると発表した。これにより、au携帯電話の国際データローミングサービスの利用可能地域は、韓国、タイ、台湾と合わせて4ヵ国・地域となった。

現在、同サービスに対応しているau端末は、三洋電機製のA5505SAのみ。同機を利用しているユーザーなら、事前申し込みや手続きの必要なしに、サービス対応地域で携帯電話が利用できる。今回、中国が新たに追加されたことによって、中国の全直轄市、省、自治区において、通話サービス、およびEメールの送受信やWebアクセスが可能になった。ただし、中国でのデータローミングサービスを利用するには、渡航前にローミングエリア情報(PRL)のダウンロードと更新が必要となる。

また、同サービスでは、これらの国、地域以外でも、準備が整い次第、サービスの提供を開始していくとしている。


au、中国での国際データローミングサービスを開始


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)