WinCE向けインターネットブラウザ「Minimo」、開発ロードマップを公表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

WinCE向けインターネットブラウザ「Minimo」、開発ロードマップを公表

■トピックスの内容

インターネットブラウザ「Mozilla」のWinCE版として現在、開発中の「Minimo」。その「Minimo」の開発ロードマップが、開発者のblogにおいて公表された。

公表されたロードマップによると、9月21日にver.0.009をリリースし、DELL「axim x50v」において発生するバグを修復、Linuxとの整合性を取るなどする。10月26日には、Smartphone 2003へ対応したver.0.010をリリース。11月23日のver.0.011では、PocketPC 2002をサポート。そして、12月22日には、ver.0.012をリリースするとしている。

「Minimo」は、「NetFront」、「Opera Mini」に次ぐ第3のWinCE用ブラウザとして注目されており、現時点でver.0.008までリリースされている。タブブラウザに対応、日本語表示も可能というだけに、日本のPDAユーザーにとっても期待は大きい。完成が待ち遠しいところだ。


WinCE向けインターネットブラウザ「Minimo」、開発ロードマップを公表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)