携帯・移動体向け地上デジタル放送“ワンセグ”が来年 4 月よりスタート――NTT ドコモと au が対応端末を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

携帯・移動体向け地上デジタル放送“ワンセグ”が来年 4 月よりスタート――NTT ドコモと au が対応端末を発表

■トピックスの内容


9 月 27 日、社団法人地上デジタル放送推進協会“D-pa(ディーパ)”は、携帯・移動体向けの地上デジタル放送サービス“ワンセグ”を、2006 年 4 月 1 日より開始することを発表した。これに合わせて、NTT ドコモグループ 9 社と KDDI / 沖縄セルラーは、ワンセグ対応の端末を発表した。

NTT ドコモグループ 9 社が発表した FOMA 端末「P901iTV」(松下電器産業製)は、ワンセグ番組の視聴だけでなく、地上アナログ放送にも対応。アンテナ内蔵のステレオイヤフォンを装着することで受信感度を向上できる。省電力設計により、地上デジタルの場合、2.5 時間以上の連続視聴が可能。“おサイフケータイ”機能も搭載している。KDDI / 沖縄セルラーの CDMA 1X WIN 端末「W33SA」(三洋製)は、“聴かせて検索”や“EZテレビ”“EZナビウォーク”などに対応。現在は開発中ということで、詳細な機能や発売時期、価格などは未定となっている。

いずれの端末も、10 月 4 日から 10 月 8 日にかけて千葉・幕張メッセ開催されるイベント“CEATEC JAPAN 2005”への出展が予定されているので、興味のある方は、会場へと足を運んでみよう。


携帯・移動体向け地上デジタル放送“ワンセグ”が来年 4 月よりスタート――NTT ドコモと au が対応端末を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3127d)