サンディスクとソニーが携帯電話向けメモリースティック「メモリースティック マイクロ」フォーマットを開発

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

サンディスクとソニーが携帯電話向けメモリースティック「メモリースティック マイクロ」フォーマットを開発

■トピックスの内容


サンディスクとソニーは、小型多機能化が進む携帯電話向け用途を中心としたメモリースティックの新フォーマット「メモリースティック マイクロ」(写真:印字はイメージです)を共同開発したことを明らかにした。

メモリースティック マイクロは、デジタルカメラやプレイステーション・ポータブルなどで使用されている「メモリースティック PRO デュオ」と比較して、約 1 / 4 という驚異的な容積を実現している。厚みもわずか 1.2 mm に抑えられており、対応機器側のコネクタの小型化が可能になる。また、インターフェースは「メモリースティック PRO」を拡張したものを利用しているため、アダプターを介することで、メモリースティック PRO 対応機器でも利用可能だ。両社が公開した仕様によると、メディアの最大容量は 32GB、最大転送速度は 160Mbps になるとのことだ(ただし、いずれも理論値)。

なお、メモリースティック マイクロのライセンス開始は10月3日、メディアの出荷時期は、2006 年上半期を予定しているとのことだ。


サンディスクとソニーが携帯電話向けメモリースティック「メモリースティック マイクロ」フォーマットを開発


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)