富士通が重量 1kg を切るコンバーチブルタイプのタブレット PC を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

富士通が重量 1kg を切るコンバーチブルタイプのタブレット PC を発表

■トピックスの内容


富士通は、ペン入力が可能なタブレット PC「FMV-T8210」(写真左:以下、T8210)「FMV-P8210」(写真右:以下、P8210)の 2 機種を新たに開発し、10 月 13 日より販売活動を開始した。両機種は、液晶が回転するコンバーチブル構造を採用したタブレット PC で、ペン入力だけでなく、キーボードでの入力も可能なノート PC タイプの製品。価格は、T8210 が 24 万 3,000 円(税込)、P8210 が 24 万円(税込)。いずれも出荷は11月中旬を予定している。

T8210 は、CPU に Pentium M プロセッサ 740(1.73GHz)、12.1 型の XGA 液晶を搭載したモデルで、OS には「Microsoft WindowsXP Tablet PC Edition 2005」(以下、Tablet PC Edition 2005)を採用。指紋センサーやセキュリティチップを標準装備している。

一方の P8210 は、CPU に Pentium M プロセッサ超低電圧版 753(1.20GHz)、8.9 型のワイド SVGA(1,024×600 ドット)液晶を搭載したモデル。Tablet PC Edition 2005 を採用したタブレット PC としては、史上初めて感圧式タッチパネルを搭載している(従来は電磁誘導方式)。また、P8210 は、わずか 990g という驚異的な軽さを実現している。


富士通が重量 1kg を切るコンバーチブルタイプのタブレット PC を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3799d)