「WX310K」のソフトウェアがバージョンアップ――E メール機能の操作性向上など

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

「WX310K」のソフトウェアがバージョンアップ――E メール機能の操作性向上など

■トピックスの内容


京セラは、フルブラウザ「Opera」を搭載した PHS 端末「WX310K」の最新ソフトウェアを公開した。ソフトウェアは、WX310K 本体でソフトウェア更新を行うことでインストールが行われる。

最新ソフトウェアによって更新される内容は、E メール機能の操作性向上と送受信動作の改善、カメラ機能の一部改善、miniSD メモリカード使用時の動作改善、アラーム、ムービー動作の改善となっている。

更新に際しては、バッテリおよびメモリの残量、Opera の接続先など、設定に関する注意事項があるため、京セラのサイトで事前に確認を行ってほしい。


「WX310K」のソフトウェアがバージョンアップ――E メール機能の操作性向上など


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)