Windows Mobile OS と Palm OS に対応した「FileMaker Mobile 8」が 1 月下旬に発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Windows Mobile OS と Palm OS に対応した「FileMaker Mobile 8」が 1 月下旬に発売

■トピックスの内容

ファイルメーカーは、Windows Mobile 2003(SE 含む)/ Windows Mobile 5.0 および Palm OS 4.1〜5.4 に対応した「FileMaker Mobile 8」を、1 月下旬より発売すると発表した。メーカー希望小売価格は 9,240 円(税込)。前バージョンの「FileMaker Mobile 7」の正規登録ユーザーは、FileMaker Customer Center を通じてアップグレード版を購入できる。アップグレード版の価格は 2.940 円(税込)となっている。アップグレード版の申し込み受付は、1 月 31 日から。

「FileMaker Mobile 8」は、デスクトップ PC 向けデータ管理ソフト「FileMaker Pro 8」のコンパニオンで、PDA とデスクトップの間でデータベースの同期を行える。使用には、「FileMaker Pro 8」「FileMaker Pro 7」などのデスクトップ PC 用ソフトが別途必要。前バージョンにはない新機能として、「FileMaker Server 8」や「FileMaker Server 8 Advanced」上のデータベースとも同期できる。これに伴い、従来のデスクトップだけでなく、ワークグループ単位での同期を取ることが可能となっている。

なお、「FileMaker Mobile 8」の発売日から 9 月 30 日までの期間に限り、旧バージョンである「FileMaker Mobile 2.1」の正規登録ユーザーもアップグレード版の購入が可能となっている。申し込み手順や価格は、「FileMaker Mobile 7」の正規登録ユーザーと同様だ。


Windows Mobile OS と Palm OS に対応した「FileMaker Mobile 8」が 1 月下旬に発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)