シマンテックの「Symantec AntiVirus for Handhelds Corporate Edition」が「W-ZERO3」にも対応

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

シマンテックの「Symantec AntiVirus for Handhelds Corporate Edition」が「W-ZERO3」にも対応

■トピックスの内容

シマンテックは、「W-ZERO3」を含む Windows Mobile5.0 搭載端末や、Palm OS 搭載端末など、ワイヤレス機器向けのアンチウイルスソフト「Symantec AntiVirus for Handhelds Corporate Edition 3.5」を発表した。メーカーによる参考価格は、ライセンス数が 10〜24 で、新規ライセンスの場合、1 ユーザーあたりの単価は 4,900 円程度。

同製品は、Web や電子メール、Wi-Fi 接続からのダウンロードや、Bluetooth や赤外線ポート経由で受信される悪意のあるコードの拡散を防ぐことを目的としたもの。ウイルスの駆除、修復、感染ファイルの削除、セキュリティアラートや、機器内のリアルタイムスキャン、定期スキャン、自動スキャンはもちろん、Wireless Update によって、常に最新のウイルス定義ファイルを入手できる。

最新の 3.5 では、Symantec System Center コンソールを備えた Symantec Client Security のユーザーであれば、プラグインをインストールすることで、モバイル機器の環境設定とポリシー実施を管理することも可能だ。


シマンテックの「Symantec AntiVirus for Handhelds Corporate Edition」が「W-ZERO3」にも対応


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4135d)