ウィルコムが高度化 PHS 通信規格“W-OAM”対応端末を 2 月 23 日から発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ウィルコムが高度化 PHS 通信規格“W-OAM”対応端末を 2 月 23 日から発売

■トピックスの内容


ウィルコムは、高度化 PHS 通信規格“W-OAM(ダブリューオーエーエム)”に対応した端末を、2 月 23 日より発売することを明らかにした。23 日から発売されるのは、NEC インフロンティア製の「AX520N」と「AX420N」。共に価格はオープン価格で、ウィルコムストアでの販売価格は、AX520N が新規 / 機種変更共に 1 万 4,800 円(税込)、AX420N が、新規 / 機種変更共に 6,800 円(税込)。なお、SII 製端末「AX420S」は、3 月 9 日からの発売が予定されている。こちらは、ウィルコムストアでの販売価格が新規 / 機種変更共に 6,800 円(税込)。

W-OAM は、ウィルコム独自の高度化 PHS 通信規格。標準の“QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)”から、電波状態が良好な時にはより高速な“8PSK(8-Phase Shift Keying)”、電波状態が不安定な時には安定性の高い“BPSK(Binary Phase Shift Keying)”による変調に自動的に切り替えることが可能だ。電波状態が良好な環境でのデータ通信速度は、8x パケット方式で最大 408kbps となっている。


ウィルコムが高度化 PHS 通信規格“W-OAM”対応端末を 2 月 23 日から発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)