ドコモが第 4 世代移動通信システムに向けた実験で 2.5Gbps 伝送を達成

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ドコモが第 4 世代移動通信システムに向けた実験で 2.5Gbps 伝送を達成

■トピックスの内容

NTT ドコモは、昨年 12 月 14 日に実施した第 4 世代移動通信システムに向けた屋外実験において、下りで最大 2.5Gbps のパケット信号伝送実験に成功していたことを明らかにした。

実験の内容は、基地局装置から 100MHz の周波数帯域幅で信号を送信し、時速約 20km で走行する移動局装置での受信が行うというもの。実験後に受信信号の複合処理が行われ、最大 2.5Gbps のパケット信号伝送を達成していることが確認された。

ドコモは、今回の成功を踏まえて、第 4 世代移動通信システムの無線アクセス方式の研究開発を引き続き推進し、国際標準化にも積極的に協力していくとしている。


ドコモが第 4 世代移動通信システムに向けた実験で 2.5Gbps 伝送を達成


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)