ドコモがソニー・エリクソン製 FOMA「SO902i」を 3 月 10 日から発売―ケナフ繊維使用の「N701iECO」、PDC 端末 mova「N506iSII」も

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ドコモがソニー・エリクソン製 FOMA「SO902i」を 3 月 10 日から発売―ケナフ繊維使用の「N701iECO」、PDC 端末 mova「N506iSII」も

■トピックスの内容


NTT ドコモグループ 9 社は、ソニー・エリクソン製の FOMA 端末「SO902i」(写真左)を、3 月 10 日から全国で一斉発売することを明らかにした。また、ケナフ繊維強化バイオプラスチックを使用した NEC 製の FOMA 端末「N701iECO」(写真中央)、mova 端末「N506iSII」(写真右)が同日に発売されることも、明らかにされた。いずれも価格はオープン価格となっている。

SO902i は、小型・軽量なミニスティックデザインが特徴の端末で、動画手ぶれ補正機能に対応した有効画素数 318 万の CMOS オートフォーカスカメラを搭載。液晶は 1.9 インチと小型ながらも、QVGA 解像素を備えており、約 400 カンデラという明るさを誇る。また、モバイル Suica にも対応している。

N701iECO は、環境への影響を配慮して、ケナフ繊維強化バイオプラスチックを使用して製造された端末。樹脂分中 90% という高い植物成分率でありながら、従来の端末とほぼ同等の難燃性、強度を維持している。また、製造時の二酸化炭素排出量も、従来端末の ABS 樹脂と比較して約半分となっている。液晶は、2.3 インチ QVGA で、本体外側に有効画素数 123 万画素、内側に有効画素数 11 万のカメラを備える。

今回発表された中で唯一の mova 端末である N506iSII は、回転二軸型形状のリバーススタイルを採用している。本体を閉じたままで通話や i モード、メールなどが可能なシャトルキーを装備。液晶は 2.4 インチ QVGA 。有効画素数 130 万画素の CCDカメラを搭載しており、カメラと“日本語アクセスリーダー”を利用して、名刺などのデータを読み込める。


ドコモがソニー・エリクソン製 FOMA「SO902i」を 3 月 10 日から発売―ケナフ繊維使用の「N701iECO」、PDC 端末 mova「N506iSII」も


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3853d)