KDDI が法人向けのビジネスケータイ「B01K」「E02SA」を開発――携帯を活用する無線 LAN 内線ソリューションの提供も

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

KDDI が法人向けのビジネスケータイ「B01K」「E02SA」を開発――携帯を活用する無線 LAN 内線ソリューションの提供も

■トピックスの内容


KDDI、沖縄セルラーは、法人向けのビジネスケータイ「B01K」(画像左:京セラ製)と「E02SA」(画像右:三洋電機製)を発売すること明らかにした。発売日は、B01K が 3 月下旬、E02SA が 7 月となっている。価格はいずれもオープン価格。同社はこれまでにも法人向けのソリューションを提供してきたが、法人向け端末を手掛けるのは、今回が初となる。

B01K は、同社が独自に調査を行った結果、法人ユーザーの 80 %が重視すると判明した“連続通話時間と待ち受け時間の長さ”と、同じく要望の高い“リモートでの端末ロック機能”を備えた端末。携帯電話としては異例の、1,200mAh という大容量バッテリを採用し、国内最長の連続通話時間 320 分、待ち受け時間 470 時間を実現している。また、PC から遠隔操作できる“リモートロック”、アドレス帳からメールを削除できる“リモートデータ削除”など、セキュリティ関連の機能も充実している。

E02SA は、au 端末としては初めて、無線 LAN 通信機能を搭載した端末。無線 LAN 機能を利用することで、VoIP による内線電話としての利用が可能だ。“とじるロック”“遠隔オートロック”、遠隔オートロックなど、セキュリティ面の機能も充実しているのが特徴だ。また、IC レコーダー機能、オフィス系ファイルが閲覧可能な「PC ドキュメントビューアー」など、ビジネスに役立つ機能も、多数搭載されている。なお、E02SA の発売に合わせて、内線 LAN ソリューション“OFFICE FREEDOM”の提供も、開始される予定となっている。


KDDI が法人向けのビジネスケータイ「B01K」「E02SA」を開発――携帯を活用する無線 LAN 内線ソリューションの提供も


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3857d)