シャープがハードディスクを 6GB に強化した SL ザウルス新モデル「SL-C3200」を発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

シャープがハードディスクを 6GB に強化した SL ザウルス新モデル「SL-C3200」を発売

■トピックスの内容


シャープは、OS に Lineo Linux を採用したパーソナルモバイルツール SL ザウルスの新モデル「SL-C3200」を、3 月 17 日より発売することを明らかにした。価格はオープン価格で、月産台数は 5,000 台を予定している。

SL-C3200 は、前機種である「SL-C3100」のハードディスクを、4GB から 6GB(ユーザーエリア 5.9GB。出荷時の空き容量は約 4.5GB)に強化したモデル。CPU には Intel Xscale プロセッサ(PXA270 416MHz)を搭載し、フラッシュメモリ 128MB / SDRAM 64MB(ワークエリア)と、基本スペックに関しては、SL-C3100 から変更はない。また、サイズが幅約 124mm × 奥行約 87mm × 厚さ約 25mm、重量が約 298g と筐体部分に関しても、カラーリング以外は特に変更はないようだ。

一方、大容量の内蔵ソフトウェアは大幅に強化されている。今年 5 月にリニューアルされる新 TOEIC テストに対応した「ジーニアス 14 日集中コース TOEIC TEST 470 点 / 600 点 / 730 点」、メールやウェブの英文を音声読み上げする「Text To Speech」、動画・音声・テキストの 3 つの方法で英語学習ができる「NOVA CITY」など、英語学習向けをメインにした 17 種類のコンテンツを収録している。また、カノープスの動画ファイル変換ソフト「かんたん換太郎 for ZAURUS」にも対応しており、PC 上の動画をソフトにドラッグ&ドロップするだけで、ザウルス上で閲覧可能な動画ファイルが完成する。


シャープがハードディスクを 6GB に強化した SL ザウルス新モデル「SL-C3200」を発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3801d)