W-ZERO3 でも遊べる!―名作アクションパズル「どきどきペンギンランド」がウィルコム端末向けアプリで登場

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

W-ZERO3 でも遊べる!―名作アクションパズル「どきどきペンギンランド」がウィルコム端末向けアプリで登場

■トピックスの内容


セガは、携帯電話向けポータルサイト“セガエイジス”において、ウィルコム製端末向けのゲームアプリ「どきどきペンギンランド」の配信を開始した。同コンテンツは、Windows Mobile 5.0を搭載 PHS 端末「W-ZERO3」にも対応している。

「どきどきペンギンランド」は、1985 年にセガの家庭用ゲーム機「SG-1000」で発売されたアクションパズル。プレイヤーは、愛らしいペンギンのキャラクター“アデリー”を操作し、卵を壊さないようにステージ最下層のゴール地点へと運ぶことになる。いかに衝撃を与えずに卵を運ぶかを考えるパズル要素と、卵を転がすアクション要素の両方が楽しめるのが特徴。構造の違うステージが全部で 25 ステージ用意されており、クリアまでにかなりの手ごたえが感じられる。

どちらかと言えばビジネスよりのイメージが強い W-ZERO3 だが、発表当時からゲームも重要なコンテンツとしてアピールしてきたのはご存じのとおり。今後も続々とゲームコンテンツがリリースされることを期待したい。


W-ZERO3 でも遊べる!―名作アクションパズル「どきどきペンギンランド」がウィルコム端末向けアプリで登場


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3773d)