WindowsCEを搭載した本格的? カーナビが登場

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

WindowsCEを搭載した本格的? カーナビが登場

■トピックスの内容


2006年5月10日、Windows CE Version 4.2 を利用した低価格カーナビシステムが登場した。開発したのは、Broadzoneという会社。製品は2種類あり、BZN-100(マヨワンミニ)、BZN-200(マヨワンポータブル)という名称がつけられている。

BZN-100、BZN-200は基本的には車載用のカーナビシステムだ。タッチパネルを利用した多彩な検索機能や、画面・音声・警告音などを使った案内機能、地点登録機能など、基本機能は網羅している。採用しているのは、ゼンリン全国地図だ。詳しい機能一覧は同社のホームページを参照してほしい。

また、カーナビ機能以外に、デジカメ写真の内容を表示するピクチャープレーヤー、リバーシのようなゲームソフト、MP3プレーヤーなどを内蔵している。最新のHDDナビなどに比べるようなものではなく、場合によっては、持ち運ぶこともできるポータブルナビゲーションシステムとして面白いガジェットかもしれない。

発売予定は、2006年3月、4月となっているが、実際には今年の夏頃の発売となる予定のようだ。




Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)