Samsung Electronics が世界初フラッシュメモリ採用の Origami PC を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Samsung Electronics が世界初フラッシュメモリ採用の Origami PC を発表

■トピックスの内容


韓国の Samsung Electronics(サムソン電子)は、現地時間の 5 月23 日に、Origami PC 準拠の PC として初めて容量 32GB の NAND フラッシュメモリを記憶媒体に採用した「NT-Q1-SSD」と、同じくフラッシュメモリを採用したモバイルノート PC「NT-Q30-SSD」を発表した。

記憶媒体を従来のノート PC で使用されていたハードディスクから NAND フラッシュメモリへ置き換えたことにより、耐衝撃性能は約 2 倍になり、一般的なハードディスクと比較して読み込み速度で約 300%(53MB / s)、書き込み速度で約 150%(28MB / s)とアクセススピードもアップ。また、Windows XP の起動速度も 25〜50% 向上しているとのことだ。このほかにも、一般的な PC では 30dB 程度とされている駆動音の静音化や、軽量化(一般的な 1.8 インチのハードディスクが 50g程度なのに対して、同製品に使用されている NAND フラッシュメモリは 20〜30g 以下)など、ハードディスク搭載型の PC よりも、さまざまな面で優れた性能を実現している。

スペックは、Origami PC 準拠の NT-Q1-SSD が 7 インチ WVGA(800×480 ドット)液晶にインテル Celeron M353 プロセッサ 900MHz / 512MB メモリ を搭載。筐体サイズは、227.5(幅)×139.5(奥行)×24.5〜26.5 mm(厚さ)、重量は 751g となっている。NT-Q30-SSD は、12.1 インチ WXGA(1,280×768 ドット)液晶にインテル Celeron M753 プロセッサ 1.2GHz / 512MB メモリ を搭載。筐体サイズは、287.7(幅)×197.5(奥行)×18.0〜23.8 mm(厚さ)、重量は 1.14kg となっている。なお、いずれの製品もグラフィックにはインテル GMA 900 を採用している。


Samsung Electronics が世界初フラッシュメモリ採用の Origami PC を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3706d)