マイクロソフトが技術者向けのイベント“Mobile & Embedded Devcon 2006”を開催

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

マイクロソフトが技術者向けのイベント“Mobile & Embedded Devcon 2006”を開催

■トピックスの内容


マイクロソフトは、モバイルや組み込み機器などの開発にかかわる技術者向けに情報を提供するイベント“Mobile & Embedded Devcon 2006”(以下、Devcon 2006)を、都内で開催した。

マイクロソフト モバイル & エンベデッドデバイス本部 部長の梅田成二氏の挨拶で始まった基調講演では、まず米マイクロソフト本社のモバイル & エンベデッドデバイス ゼネラル・マネージャを務めるミッシェル・フリード氏(写真上)が登壇。5 月中にも出荷台数が 15 万台に達する見込みの Windows Mobile 5.0 搭載 PHS 端末「W-ZERO3」を例に上げ、日本でも Windows Mobile 搭載端末が欧米同様に普及するのではないかと語った。

またミッシェル氏は、今後の Windows Mobile のロードマップに触れ、2006 年内に電子メールのダイレクトプッシュやセキュリティデバイス管理の向上、Exchange 2003 Service Pack などを含む「メッセージング & セキュリティフィーチャーパック(MSFP)」を提供、2007 年には、ビジネスの生産性を向上させた次期 OS をリリースし、以降に登場する次世代 OS では、バッテリー管理機能を強化し、より広いユーザー層のニーズを反映させると語った。


基調講演では、米国開催の Devcon 2006 でベータ版提供が開始されている組み込み機器向けの最新 OS「Windows CE 6」についても、モバイル & エンベデッドデバイスグループ シニアテクニカルプロダクトマネージャのマイク・ホール氏(写真下)から説明が行われた。

Windows CE 6 ではカーネルアーキテクチャの再設計が行われ、同時に処理できるプロセス数が 32 から 3 万 2,000 に、各プロセスで扱える仮想メモリも 32MB から 2GB に拡大している。マイク氏は、「(処理能力や扱えるメモリを)大幅にバージョンアップしたにもかかわらず、(Windows CE の特長である)リアルタイム性能は損なわれていない。ハードリアルタイム OS なので、ロボットなどの制御にも十分利用できる」とアピールした。


マイクロソフトが技術者向けのイベント“Mobile & Embedded Devcon 2006”を開催


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)