ウィルコムがメインメモリを 2 倍に増強した W-ZERO3 の新モデル「WS004SH」を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ウィルコムがメインメモリを 2 倍に増強した W-ZERO3 の新モデル「WS004SH」を発表

■トピックスの内容


ウィルコムは、本日開催した記者発表会において、Windows Mobile 5.0 搭載 PHS 端末「W-ZERO3(WS003SH)」の新モデルとなる「W-ZERO3(WS004SH)」を発表。6 月 22 日より販売を開始することを明らかにした。本体カラーはガンメタリックとパールホワイトの 2 色。

WS004SH は、現行モデルである WS003SH の OS を、メッセージング & セキュリティフィーチャーパック(MSFP)に対応した最新の Windows Mobile 5.0 にバージョンアップしたモデル。CPU(PXA270 プロセッサ 416MHz)や通信機能などの基本仕様は従来モデルと同じだが、メインメモリが 256MB に増強されており、約 197MB(出荷時約 169MB)という(従来モデルの)3 倍近いユーザーエリアを確保している。SDRAM は 64MB と変更はない。また、「三省堂電子辞書」(エクシード英和辞典 / エクシード和英辞典 / デイリーコンサイス国語辞典 / 英文ビジネスレター辞典)を収録したソフトウェア「DicLand Ver.1.1」が標準で搭載されている。

大きな変更点がメモリの増強のみというマイナーバージョンアップの WS004SH 。発表会に駆け付けた記者たちもやや肩すかしをくらった感は否めないが、現行モデルが順調に売り上げを伸ばしていることを考えると、大幅なスペックアップを施した後継機種の登場がまだ先にになるのは仕方がないところ。同製品の説明を行ったウィルコム常務執行役員の土橋匡氏によると、これまでにユーザーから最も多く寄せられた新モデルへの要望は“バッテリーの強化”だったとのことだが、残念ながら、新モデルではこの部分に関しての仕様変更は無い。


発表会終了後の質疑応答で「すでに年間契約をしている従来モデルからのユーザーが買い替えをする場合にはどうすれば良いのか?」という質問を向けてみたところ、「SIM 無しのモデルを 5 万円(ウィルコムストア価格)で販売する」との回答が得られた。今回の新モデルが従来モデルのユーザーにとって買い替えに値するかどうかは微妙なところだが、これから W-ZERO3 を購入したいと考えている人にお薦めできるモデルであるのは間違いない。

発表会ではこのほか、W-ZERO3 が今夏にもソニーのロケーションフリーに対応することも明らかにされている。詳細は明らかにされなかったが、現在は専用のソフトを開発中とのこと。続報に期待したい。なお、新モデルの発表に合わせて、本日よりウィルコム公式サイトでは「Opera Browser」の最新バージョンである「Opera Browser 8.6 for W-ZERO3」も無償公開されている。新モデルの情報を従来モデルで探そうという方は、まずはこちらを導入してみてはいかがだろうか?

【予約・購入】
・「W-ZERO3(WS004SH)」の予約は6月20日より→ウィルコムストアにて。


ウィルコムがメインメモリを 2 倍に増強した W-ZERO3 の新モデル「WS004SH」を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2683d)