Google の Web メールサービス“Gmail”の日本語版が一般公開に合わせて登録制に

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Google の Web メールサービス“Gmail”の日本語版が一般公開に合わせて登録制に

■トピックスの内容


検索ポータル“Google”を運営するグーグルは、同社が提供する Web メールサービス“Gmail”の日本語版を一般に公開した。公開に合わせて、アカウントの取得システムも招待制から、誰でも取得が可能な登録制への変更が行われている。現在、同サービスはフルブラウザを搭載していない携帯電話では利用できないが、一部メディアの報道によると、今後の対応は検討しているとのことだ。

なお、同サービスは「W-ZERO3[es]」でアクセスすると、Internet Explorer Mobile、Opera Mobile 8.6 共にモバイル版のログイン画面に飛ばされ(いずれもアカウントの取得は不可で、Opera は英語のログイン画面)、ログイン後のインターフェースも英語版のままとなっているが、画面下の“basic HTML”をクリックすることで、PC 向けの日本語版インターフェースに切り替えることが可能だ。今回の登録制移行を機に、利用してみてはいかがだろうか?


Google の Web メールサービス“Gmail”の日本語版が一般公開に合わせて登録制に


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)