インテルが最先端組み込み技術とソリューションの展示イベント“Intel Embedded Showcase 2006”を実施

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

インテルが最先端組み込み技術とソリューションの展示イベント“Intel Embedded Showcase 2006”を実施

■トピックスの内容


インテルは、東京・秋葉原において最先端組み込み技術とソリューションの展示イベント“Intel Embedded Showcase 2006”を実施した。イベントでは、マイクロソフトやウィルコムなど、インテルプラットホームを採用するメーカー各社の製品・サービス企画担当者、開発エンジニアによる専門カンファレンスも行われた。

ウィルコム営業開発部長の太田靖士氏によるカンファレンスでは、“第 3 のコミュニケーションツール W-ZERO3 のビジネスインパクト”と題したスクール形式のセッションが行われた。セッションでは、W-ZERO3 発売前のマーケット分析や、当初 PC 売り場での展開を考えていたことなどについて語られた。当日はあいにくの天候にもかかわらず多数の聴講者が詰め掛け、W-ZERO3 に対する注目度の高さが伺えた。

一方の展示会場では、ピクセラの Windows CE 向けソリューション“1Seg / Digital Radio Development Kit”をはじめとする Windows CE 関連のソリューションも多数展示されており、各社ブーススタッフの説明に来場者が熱心に耳を傾けていた。


インテルが最先端組み込み技術とソリューションの展示イベント“Intel Embedded Showcase 2006”を実施


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)