NEC と松下が携帯電話の開発を目的とした合弁会社を設立

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NEC と松下が携帯電話の開発を目的とした合弁会社を設立

■トピックスの内容

日本電気(以下、NEC)と松下電器産業、パナソニックモバイルコミュニケーションズの 3 社は、今年 7 月に発表した携帯電話の開発合弁会社を、横浜のパナソニック モバイルコミュニケーションズ構内、および川崎の NEC 玉川事業所構内(共に神奈川県)に設立したことを明らかにした。新会社の名称は“エスティーモ”。

新会社の社名“エスティーモ”は“Esteem(尊重・尊敬)”と“Mobile(モバイル)”を組み合わせた造語。NEC とパナソニックモバイルコミュニケーションズの両社が互いをパートナーとして尊敬しあって設立し、ユーザーを尊重する事業運営を行い、尊敬される開発会社になるようにという願いが込められている。

エスティーモでは、今後共通ソフトウェアやハードウェアのプラットホーム検討/開発、共同商品開発などを行っていくとのことだ。


NEC と松下が携帯電話の開発を目的とした合弁会社を設立


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)