Cingular と Samsung が QWERTY キーボードを搭載した Windows Mobile スマートフォン「BlackJack」を発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Cingular と Samsung が QWERTY キーボードを搭載した Windows Mobile スマートフォン「BlackJack」を発売

■トピックスの内容


米国時間の 11 月 13 日、米 Cingular Wireless と Samsung Telecommunications America(以下、Samsung)、Microsoft は、OS に Windows Mobile 5.0 を採用した 3G および EDGE ネットワークに対応したスマートフォン「BlackJack」を発表した。価格は 2 年契約と定額データ通信プラン込みで 199.99 ドル(US)となっている。

BlackJack は、高さ 113mm × 幅 59mm × 厚さ 11.8mm 、重量約 100g という、QWERTY キーボード搭載型としてはコンパクトなサイズが特徴の端末。液晶には QVGA カラー TFT 液晶を採用。メモリは 128MB ROM / 64MB RAM で、外部メモリとして microSD を利用可能。連続通話時間は 5.5 時間で、待ち受け時間は 11 日間となっている。このほか、1.3 メガピクセルのカメラ機能、Bluetooth 2.0 によるデータ通信機能などを備え、、Microsoft のダイレクトプッシュ技術“Good Mobile Messaging”に対応している。

同端末はエンターテインメント機能に優れており、Windows Mobile 標準の WMA / WMV 以外にも、MP3 や AAC などが再生可能。また、eMusic や Napster 、Yahoo! などのコンテンツが利用できる音楽サービス“Cingular Music”にも対応している。


Cingular と Samsung が QWERTY キーボードを搭載した Windows Mobile スマートフォン「BlackJack」を発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)