日本 HP が「iPAQ」新製品を発表―最上位モデルは GPS 機能を搭載

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

日本 HP が「iPAQ」新製品を発表―最上位モデルは GPS 機能を搭載

■トピックスの内容


日本ヒューレット・パッカード(以下、日本 HP)は、OS に Windows Mobile 5.0 を搭載した PDA の新製品「HP iPAQ rx4240 Mobile Media Companion」(写真左上)、「HP iPAQ rx4540 Mobile Media Companion」(写真右上)、「HP iPAQ rx5965 Travel Companion」(写真中央下)の 3 モデルを発売すると明らかにした。価格は、rx4240 が 3 万 2,550 円、rx4540 が 4 万 2,000 円、rx5965 が 5 万 9,850 円(いずれも税込)。rx4240 は本日から販売が開始されており、残りの 2 モデルは 12 月上旬からの販売開始となる。なお、全モデル共に、無線 LAN と Bluetooth による通信機能を備えている。

rx4240 は、HP DirectPlus(日本 HP のオンライン販売サイト)の専売モデル。横画面をベースにした縦 63.5mm × 横 102mm × 幅 17.5mm 、重量 127g という小型・軽量の筐体が特徴で、2.8 インチの透過型 TFT 液晶を採用している。メディアプレーヤーとしての使い勝手を考慮しているためか、操作キーやスクロールホイールなどは筐体側面にまとめられており、同社が販売してきた従来の PDA とは一線を画したデザインに仕上がっている。また、標準でステレオヘッドセットも付属する。rx4540 は rx4240 に 1GB の内蔵フラッシュロムを追加したモデル(rx4240 の標準ロム 128MB +1GB)で、機能面での違いはない。

最上位モデルとなる rx5965 は、ほかの 2 モデルよりも大きな 3.5インチの大型液晶画面を採用しており、新たに GPS 機能が搭載されている。GPS 受信機には最新式の「SiRFstarIII GPS」を採用。2GB の内蔵フラッシュロムには、ビーマップの GPS アプリケーション「b-walker for iPAQ Navi」と日本全国の地図データ、世界 100 ヵ国以上の時刻が分かる時計や為替レート変換、単位変換などの機能を備えたアプリケーション「WorldMate Standard Edition」があらかじめ収録されている。また、標準で車載キットも同梱される。

なお、 rx4240 に関しては、発売開始記念の第一弾キャンペーンとして、1,000 台限定で 2 万 7,300 円(税込)で販売されるとのことだ。12 月 4 日からは、今回発売される新モデルの実機に触れられる“HP Satellite Station”が、銀座駅(B2 出口付近)と新宿駅(小田急西口コンコース)のイベントスペースに期間限定でオープンする予定となっているので、興味のある方はチェックしておこう。

【関連リンク】
日本hpのPDA 【HP iPAQ Pocket PC】


日本 HP が「iPAQ」新製品を発表―最上位モデルは GPS 機能を搭載


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)